細身のジーンズが履けず、細身の子がサラッと履きこなすのが羨ましかった

もともと体型にコンプレックスがありました。

私は全体の身体の比率でみても、お尻と太ももが太いほうだったので、細身のジーンズが履けず、細身の子がサラッと履きこなすのが羨ましかったです。

自分も細身の服が着たいと思ったことがキッカケです。

だいたい1年くらいかけて、10キロほど痩せました。

中間の減り方は正確に覚えていません。

途中で停滞期もありましたし、増えることもありました。

一度体重が落ち始めると続けて落ちていくので、停滞期になるまでダイエットしました。

リバウンドしにくい、お金をかけずに簡単に出来るものであること、つまり続けられるものを調べて試しました。

とにかく短期で痩せるとリバウンドしやすいため、長期戦でしっかり痩せることを目標にしたので続けられる内容であることが大事でした。

食事を抜かないダイエットをしました。

おから、きなこは栄養があると聞いたので朝はきなこ黒蜜寒天、お昼のお弁当にはおからを使ったおかずを用意しました。

また生理のときは体重が減らないと聞いていましたので好きなものを食べるようにしていました。

痩せたら満足してしまってダイエットをやめたら、飲み会続きで体重が増えてしまったので、飲み会でセーブすべきだったかなと思います。

また高タンパク、低カロリーしか気にしていなかったので、鉄分が足りてなかったと思います。

自分で食事を作るようになったことが1番大きい変化です。

お昼はお弁当を用意して持っていっていました。

また、痩せてきたら鏡を見るのが楽しくなりました。

お腹周りが、ピタッとした服も着られるようになりました。

楽して短期で痩せようとしても、結果的に意味がありません。

リバウンドします。

ある程度ダイエットで苦労して心も鍛えることも大事だと思います。

停滞期が辛いですが、痩せるときはスルスルと体重が落ちて楽しいですよ!

Related Posts

Begin typing your search above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top