ジムで有酸素運動だけでは痩せないことがある

スポーツジム初心者はランニングマシンなどがある有酸素エリアに流れ着く。しかし残念ながら、有酸素運動は筋肉が増える運動ではない。 「有酸素エリアでは太った人たちが汗をかきながら、一生懸命ウォーキングしたり走ったりしている。そこにいる人たちは、いくらやっても痩せないんです。

まず単純に、カロリーの問題がありますよね。例えば、ウォーキングやジョギングで1日1時間ほど走って、それを1か月間続けたとします。これでだいたい消費するカロリーは1kgくらいになる。じゃあ10kg痩せたかったら、10か月かと言うとそうではなくて、だんだん身体の心肺機能が上達してくるんです。だから今まで1キロ落とせたのに、次の1か月は900g、さらに次の1カ月は800gと、だんだん消費しなくなってくるんです」さらに、有酸素運動には知られていないデメリットがある。実は、有酸素運動だけを毎日何時間も続けると、UCP3という「痩せ遺伝子」が減っていくことが科学的に証明されている。また、筋肉を削りエネルギーに変えるホルモン「コルチゾール」が出てしまう危険性もある。脂肪を燃やしてくれる焼却炉が筋肉であるから、運動してカロリーを消費しようにも消費できなくなってしまうのだ。
ランニングだけでなく、筋肉もつけながらダイエットをする必要があります。またジムに通うのもなかなか根気がいることだったりします。そこで今、自宅で簡単にできるEMS腹筋マシンが話題になっていたりします。

Post Created 1

Related Posts

Begin typing your search above and press enter to search. Press ESC to cancel.

Back To Top